地域づくり表彰

地域づくり表彰とは

1. 目的
Purpose

地域づくり表彰制度は、創意と工夫を活かした優れた自主的活動で、広域的な地域づくりを通して、地域の活性化に顕著な功績があった優良事例を表彰することにより、地域間の連携と交流によって地域の個性ある自立を広範囲にわたり促進し、地域づくりの奨励を図ることを目的としています。

2. 方針
Policy

当地域づくり表彰制度は、多様な分野での地域づくりに対して、包括的な観点から優良事例を選定・表彰するものです。表彰の対象は、次のいずれかに該当する地域の活性化に顕著な功績があった地方公共団体・団体・個人です。

     
  • 創意工夫を活かした優れた自主的活動等を基本とする地域づくりを通して、地域の活性化に顕著な功績のあったと認められるもの
  • 地域づくり行政を通して地域の活性化に顕著な功績のあったと認められるもの
  • その他地域間の連携と交流による地域の活性化に関し、特に表彰が必要と認められるもの

3. 表彰部門
Department

令和2年度より新規に部門制度を創設し、特に小さな拠点に関する取組を募集することとしました。

  • 小さな拠点部門
    中山間地域等において、基幹集落に複数の生活サービスや地域活動の場を集め、周辺集落とネットワークで結ぶ「小さな拠点」を形成し、地域住民の生活サービス機能を維持するとともに、地域外から所得を獲得し、または地域内外の住民の交流を促進する取組等を対象とします。
  • 地域づくり部門
    上記取組以外で、地域活性化を図るため創意と工夫を活かした優れた自主的活動で広域的な地域づくりに係る取組を対象とします。

4. 審査の視点
Point of view

審査会は、主に次のような視点に重点を置いて行われます。
(1)活動の広がり
地域づくりの取組が、地域ぐるみで、広範囲に行われているか。
(2)継続性
地域づくりが継続的に実施されているか。
(3)地域資源の活用
   地域づくりに地域資源がどのように活かされているか。
(4)創意工夫
   創意工夫を活かした、独自の地域づくりが行われているか。
(5)成 果
   地域づくりの成果が着実に上がり、地域の活性化につながっているか。

5. 審査の流れ
Flow

審査は以下の流れで行われます。(※時期は令和2年度の実績)

  • 表彰候補事例の推薦募集
    (2月~3月)
  • 事前審査
    (予備審査)
    (4月~6月)
  • 地域づくり表彰
    審査会
    (8月)
  • 表彰状の授与
    (10月~11月)
令和2年度地域づくり表彰 審査会名簿

6. 令和3年度推薦書提出要領(お問合せ先)
Contact

令和3年度「地域づくり表彰」の推薦書提出について詳しく知りたい方、および地域づくり表彰制度に関する問合せ先を知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。
(国土交通省HP)地方振興:活力と魅力のある地域づくり


TOP